CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

日本のDX促進の突破口となれるか? DevSecOpsを一括でカバーするGitLabの魅力

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/29 12:00

目次

有償版を使うメリットとは

 GitLabには無償版と有償版がある。無償版には、Community EditionとEnterprise Edition(Coreプラン)の2つの選択があり、実質的な機能は同じである。新規に導入するユーザーは、まずはEnterprise Edition(Coreプラン)の導入をすることで、有償版への移行がスムーズにできる。無償版と有償版の最大の違いは「サポートがつくこと」と伊藤氏は説明する。有償版のStarterプランの場合、平日なら、問い合わせから24時間以内にサポートが返信してくれるという。有償版はStarter以外にも、Premium、Ultimateと3つのプランを提供している。プランのグレードが上がるほど、より安心してDevOpsのプラットフォームとして使えるようになるという。

 有償版はサポート以外にも、開発者はもちろん、プロジェクトマネジャーにとっても価値のある機能が多数、提供される。例えばStarterプランの付加価値機能として、伊藤氏は次の3つを挙げる。第一は指定した承認者によるソースコードのマージ承認ができること。「組織が増大した場合にも、ソースコードやブランチに応じた適切な承認プロセスの設定ができます」と説明。第二にバーンダウンチャートの活用ができること。アジャイル開発におけるタスク管理のサポートがされるようになる。第三は高度なLDAPサーバに関する設定ができること。「LDAPとのユーザー、グループ同期、複数のLDAPサーバとの連携ができます」と説明した。

 上記に挙げた機能以外にも、数多くの役立つ機能が提供されているので、詳細については、こちらの機能比較のページ(英語)で確認してほしい。Starterプランは1ユーザーあたり年間48ドル。月額にするとたった4ドル(日本円にすると約430円)である。提供される機能をチェックすれば、決して高いとは思えないはずだ。

無償版のCore機能とStarterプランの比較
無償版のCore機能とStarterプランの比較

3つの有償プランの選び方

 では有償プランをどう選んでいくか。Starter、Premium、Ultimateとランクが上がるにつれ、提供される機能も増える。

 まずはStarterを使ってみるという方法でもよいが、「Starterは10~15人ぐらいの規模のプロジェクトならよいかもしれないが、50~100人ぐらいの規模、もしくはよりエンタープライズなシステム開発のプロジェクトの場合は、より安心して使えるPremiumがお勧めです」と伊藤氏。

 また村上氏も「ログの管理をしたい、あるいはHA構成でやりたいお客さまはPremiumを選ぶ傾向があります。またUltimateは大規模のプロジェクトに向いています。ですが、まずは何か小さなプロジェクトでStarterから始めてみてください。GitLabを使うよさがわかっていただけると思います」と話した。

 GitLabでは利用シーンや事例(英語)はもちろん、価格戦略製品ロードマップ競合分析社員のプロフィール(すべて英語のサイトに遷移)など、あらゆる情報が公開されている。

 世界67の国や地域に1267人の社員がリモートワーキングで働いているGitLab。リモートワークのガイドブック(英語)も公開している。自らDXを達成し、DXを加速しているからこそ、全員がリモートワーキングという先進的な働き方が実現しているとも言える。

 「日本でもサポート体制を整えていきます。私たちはソリューションだけではなく、私たち自身がDXを達成し、進化し続けていることでそのノウハウも持っている。これがGitLabの価値であり、GitLabがみなさんのDXへの取り組みを支援するソリューションとなる。まだGitLabを使ったことのない人はまずは無償版を試してみてください。そしてその価値を体感できれば、有償版にステップアップし、DevSecOpsの開発環境を整備していくことをお勧めします。そうすることでDXプロジェクトを成功に導くことができると思います」(村上氏)

 DXへの取り組みが加速している今、1つのGUIでDevSecOpsのライフサイクルのすべてをカバーできるGitLab。この機会にぜひ、試してみてはいかがだろう。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5