CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C++でAndroid/iOS(iPhone、iPad)両対応のネイティブなスマホアプリを作る

C++Builder/Appmethodでマルチデバイス開発をビジュアルに実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/26 14:00

目次

どうやってAndroid/iOS両対応が実現されているの?

 それでは、C++BuilderはどうやってAndroid/iOS両対応を実現しているのでしょう。ここでは、Android/iOS両対応を実現するための3つのキーワードを紹介します。

LLVM/Clang

 C++Builderは、LLVMとClangをベースにエンバカデロの言語拡張を加えたC++コンパイラを利用して、Android/iOS(iPhone、iPad)向けコンパイルを実現しています。これらLLVM/Clangは、いまC++コンパイラの世界でとても注目され、また活発に成長しているオープンソースC++コンパイラなのです。LLVM/ClangがAndroidとiOSに両対応できているので、C++BuilderもAndroidとiOSに両対応できるのです。

マルチデバイス対応のコンパイラアーキテクチャ

FireMonkey

 いくらC++コンパイラそのものがAndroid/iOS両対応しても、OSにまつわる表示機能の差を埋めることはできません。C++Builderでは、Android/iOSの表示機能に関する差はFireMonkeyという抽象化層によって吸収しています。

FireMonkey(FMX)コンポーネントフレームワーク

豊富なコンポーネント

 せっかくコンパイラとOS間の表示機能の差を克服しても、スマホやタブレットのAPIを直接呼び出してしまうと、そのままではAndroid/iOSの両環境で動作しなくなってしまいます。これを解決するために、C++Builderではカメラ、位置情報、加速度センサ、コンパスなどの多くのスマホ/タブレットならではのコンポーネント機能が提供されています。

豊富なコンポーネント

 これらコンポーネントを使うことによって、Android/iOS両対応が1つのソースコードで実現できているのです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:EDN CodeZine出張所

もっと読む

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5