CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Adobe」に関する記事

95件中81~95件を表示
  • t.gif
    2009/02/02

    失敗事例に学ぶFlexプロジェクトの第一歩

    Adobe MAX 2009、2日目のセッション「失敗事例に学ぶFlexプロジェクトの第一歩」では、NECシステムテクノロジーの坂田泰平氏が、同社がFlexアプリ ケーションを使ったプロジェクトを進めてきた中でうまくいかなかった事例を挙げ、その原因を分析した結果を紹介した。

  • A.jpg
    2009/01/21

    AIR/Flex/Flash Player、これだけは押さえておきたいAdobe技術をなかの人とおさらい

     昨今、開発者にも身近な存在となってきたAdobeの各種技術。とくに2008年はAIR正式版やFlex 3リリースなど大きな発表もあった。しかし、普段使わないとなかなかどういう技術で、どういった使い方ができるのかわからないのも事実。Adobeの西山さん、轟さんと一緒に、2008年のAdobeの出来事を振り返りながら、押さえておきたい各種技術の基本をおさらいする。

  • t.jpg
    2008/10/08

    Adobe、AIR開発責任者に聞く 次期Flashプラットフォーム開発の見所

     先月末、米Adobe Systems社のAIR担当エバンジェリスト Mike Chambers氏、プラットフォームエバンジェリストのRyan Stewart氏が来日し、次のFlashプラットフォームについてお話を伺う機会を得ました。「新機能の見所」「デザイン連携」「開発生産性」、3つの側面からの新しいFlashプラットフォームの特徴を紹介します。  

  • t.gif
    2008/07/22

    RoRのWebサービスと連携する、Adobe AIRアプリケーションの自動生成

     Ruby on Rails 1.0系のActionWebServiceが提供するWebサービスと、Adobe AIRアプリケーションとの連携サンプルを紹介します。また作成するAdobe AIRアプリケーションは、Scaffoldのようにジェネレータを用意し、Ruby on Railsから自動生成できるようにします。

  • 2658_A.gif
    2008/07/16

    RailsとAIRで作成する画像のRevolver表示(後篇)

     Ruby on Railsにて作成したアクションウェブサービスで野球選手マスタの情報を公開し、AIRからそれを呼び出して画像と共に選手の説明を表示するアプリケーションを作成します。本稿を通じて、Ruby on Railsによるアクションウェブサービスの作成方法、AIRからアクションウェブサービスを呼び出す方法、AIRで画像を表示する方法を学ぶことができます。後篇ではAIR部分を実装します。

  • 2658_A.gif
    2008/07/15

    RailsとAIRで作成する画像のRevolver表示(前篇)

    Ruby on Railsにて作成したアクションウェブサービスで野球選手マスタの情報を公開し、AIRからそれを呼び出して画像と共に選手の説明を表示するアプリケーションを作成します。本稿を通じて、Ruby on Railsによるアクションウェブサービスの作成方法、AIRからアクションウェブサービスを呼び出す方法、AIRで画像を表示する方法を学ぶことができます。前篇ではRails部分を作成します。

  • t.gif
    2008/06/26

    国内で本格始動の「Adobe AIR 1.1」、ユニークな作品や先進ビジネス事例も続々と

     アドビシステムズは19日、今月リリースしたリッチインターネットアプリケーション(RIA)実行環境の新版「Adobe AIR 1.1」の説明会を行った。同日行われた「Adobe AIR コンテスト」の表彰式の模様と併せて紹介する。

  • t.gif
    2008/06/18

    Adobe AIRでクールなMP3プレーヤーを作ってみる

     FlexやFlash、ActionScriptといったWeb技術を利用してデスクトップアプリケーションを作成できる「Adobe AIR」。本稿では簡単なMP3プレイヤーの製作を通して、Adobe AIRの基本となるMXMLやActionScriptについて学びます。

  • t.gif
    2008/05/23

    7種類の可視化でFlexのビジネスアプリケーションを大きく強化、「ILOG Elixir」

     主にビジネスアプリケーションの用途で利用されている、Adobe Flexプラットフォーム向けの可視化コンポーネント製品「ILOG Elixir」。使い方によっては、工数を大幅に削減しつつ、ハイパフォーマンスなアプリケーションを提供できるようになるという。今回は、同製品を手掛けるフランス ILOG社の製品担当者に、このILOG Elixirの魅力について伺った。

  • 2308_t.gif
    2008/03/07

    米Adobe開発者に聞いた「AIRがやれること、やりたいこと、作ってくれる人のこと」

     ついに正式リリースされた「Adobe AIR 1.0」。世界中で使われるような製品を開発するというのはどんな気持ちなのでしょうか。またAIRができることや、開発者に向けてどんなことを考えているのでしょうか。正式リリース直後に米Adobe開発者にインタビューしました。

  • s.gif
    2007/10/19

    Flex 2でアウトラインエディタを製作してみる

     アウトラインエディタを題材に、Flex 2でUIを作っていく上でのポイントを押さえつつ、製作の過程を紹介します。また以前に、同様のアプリケーションをWindowsアプリケーションでも製作したことがあるので、Windowsアプリケーションとの違いについても考察してみます。

  • 109_t.jpg
    2005/08/02

    Flex基礎講座(パート4):データモデルの利用

     本稿では、ユーザーがMacromedia Flexアプリケーションに入力したデータを取得、および保存するためのデータモデルを作成します。また、フォームから受け取ったデータから新しいオブジェクトを作成する方法や、データグリッド間におけるドラッグ&ドロップの実装方法についても解説します。

  • 108_t.jpg
    2005/08/01

    Flex基礎講座(パート3):コンテナの利用

     本稿では、Flexのナビゲーションコンテナやレイアウトコンテナを利用して、複数のビューが備わったアプリケーションを作成します。このほかに、アイテムの集合をレイアウトしたり、チャートを描画したりする方法も紹介します。

  • 107_t.jpg
    2005/07/29

    Flex基礎講座(パート2):Flex電卓アプリケーションの作成

     本稿では、Macromedia Flexを利用して簡単な電卓アプリケーションを開発します。このアプリケーションを作成することで、Flexアプリケーションを開発するための主要パーツの使い方を習得できます。

  • 106_t.jpg
    2005/07/28

    Flex基礎講座(パート1):はじめてのFlexアプリケーション開発

     本稿では、Macromedia Flexの概要を紹介します。また、MXMLを利用する簡易商品カタログ兼ショッピングカートの作成を通じて、Macromedia Flexアプリケーションの基礎的な構成要素も紹介します。

95件中81~95件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5