Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NET CoreとComponentOneを使って、マルチプラットフォームで動作するWebアプリを作成しよう!【Windows編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/16 14:00
目次

IISの構成

ASP.NET Coreアプリを配置先となるフォルダーを作成

 IISをホストしているサーバー上に、アプリの配置を行うためのフォルダーを作成します。

 フォルダーの作成には、以下の点を考慮する必要があります。

ログフォルダーの作成

 アプリ内でstdoutによるログ出力などが有効になっている場合は、ログを保持するためのlogsフォルダーの作成が必要になります。

 ただし、アプリ配置用のパッケージなどのペイロードに既にフォルダーが含まれる場合は必要ありません。

Visual StudioのWeb配置を利用するかどうか

 Web配置を利用する場合は、フォルダーに対して必要な権限設定を行う必要があります。

 併せて、Web配置用のツールをWeb Platform Installerか、またはダウンロードセンターからダウンロードして、インストールする必要があります。

 今回は配置先としてC:\CoreWebSite\AspNetMvcSiteというフォルダーを作成しました。

アプリケーションプールの設定

 ASP.NET Coreのアプリケーションは通常の.NET Frameworkを使用しないため、.NET Frameworkのロードが必要ありません。

 そこで、マネージコードを使用しないアプリケーションプールを作成します。

 .NET Frameworkの読み込みが行われても、.NET Coreのアプリは実行できるため、この設定は必須ではありません。

 IISマネージャーの「アプリケーションプール」を右クリックし、「アプリケーションプールの追加」をクリックします。

アプリケーションプールの追加
アプリケーションプールの追加

 .NET CLRバージョンを「マネージ コードなし」に設定し、「OK」をクリックします。

マネージコードなし
マネージコードなし

 次に、先ほど作成したフォルダーにアプリケーションプールからのアクセスを許可するため、アカウントの確認を行います。

 IISマネージャーからアプリケーションプールの一覧を表示し、作成したアプリケーションプールを選択します。

 選択したら、操作ペインにある「詳細設定」をクリックします。

アプリケーションプール
アプリケーションプール

 詳細設定を表示したら、「プロセスモデル」にある「ID」を確認します。

アプリケーションプール
アプリケーションプール

 作成したフォルダーに、IDに表示されたアカウントからの読み込み・実行権限が設定されているか確認を行います。

 設定されていない場合は、適切に実行できるようセキュリティ設定を行います。

Webサイトの作成

 IISマネージャーからWebサイトの作成を行います。

 Webサイトを右クリックし、「Webサイトの追加」をクリックします。

Webサイトの作成
Webサイトの作成

 Webサイトの追加ダイアログが表示されるので、以下の項目を設定します。

  • サイト名
  • アプリケーションプール(先ほど作成したもの)
  • 物理パス
Webサイトの設定
Webサイトの設定

 Webサイトの追加を行うと、既定のWebサイトとポートが重複するため、こちらをメインとして利用する場合は、Webサイト「Default Web Site」を停止します。

Webサイトの停止
Webサイトの停止

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森 博之(モリ ヒロユキ)

     .NETテクノロジーを中心とした開発支援や技術記事の執筆、セミナースピーカーを行っているフリーランスのソフトウェアエンジニア。  Microsoft MVPをVisual Studio and Development Technologies、Windows Development、Client...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5