Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

イベントレポートに関する記事とニュース

132件中121~132件を表示
  • 2016/09/07

    PyCon JP 2016 開催前レポート ~第4回 その他の見どころ

     いよいよPyCon JP 2016開催前レポートも最終回となりました。今回はPyCon JPにスポンサーいただいている企業さまによるさまざまなブースやフェア、そしてソフトフェア開発イベントであるスプリントをご紹介します。また、PyCon JP運営に欠かせないWebシステムや関連する取り組みなどもお伝えしたいと思います。

  • 2016/08/31

    PyCon JP 2016 開催前レポート ~第3回 会場・パーティーについて

     PyCon JPの楽しみは前回ご紹介したプログラムだけではありません。今回の記事では、会場である早稲田大学周辺のレストラン情報や、会場で参加者のみなさんに提供されるランチやおやつ、パーティーについてご紹介したいと思います。食いしん坊のみなさん、必見です!

  • 2016/08/30

    時給換算数百円でも、技術者が本を書く価値はある――出版への道のりとそのノウハウ【CEDEC2016】

     CEDEC2016にて、翔泳社が刊行した『ゲームクリエイターの仕事』の著者・蛭田健司さん(ヤフー)によるセッション「夢の印税生活!?ゲーム開発者が本を出版するためのノウハウ」が開催された。書籍企画のコツやスケジューリング、モチベーションを保つ方法、出版後の変化などが語られたが、本を出版したい技術者が最も大切にすべきこととは何なのだろうか。

  • 2016/08/24

    TypeScript、Angular 2がエンタープライズアプリケーション開発を変革 ~ 「GrapeCity ECHO Tokyo 2016」開催

     コンポーネント製品をはじめとする開発ツールの提供で、アプリケーション開発者を強力に支援するグレープシティ。同社がグローバル規模の技術カンファレンスとして、昨年2015年にスタートさせたのが「GrapeCity ECHO」だ。この1年の間に、日本をはじめ、米国ピッツバーグや韓国においても開催された同イベントは、各国のエンジニアから高い評価を得ている。去る2016年7月29日には、日本で2回目となる「GrapeCity ECHO Tokyo 2016」が実施された。今回は「TypeScript」「...

  • 2016/08/24

    PyCon JP 2016 開催前レポート ~第2回 プログラムについて

     PyCon JP 2016のテーマは、「Everyone's different, all are wonderful.」です。多様な分野の方に楽しんでもらえる企画になっていると思います。みなさんもぜひ、これらの企画を通して、これまで接することのなかったような分野の発表や、参加者との交流も楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 2016/08/23

    BigQuery、IoT、機械学習APIの威力を誰でも簡単に! 「MAGELLAN BLOCKS」セミナーレポート

     Google Cloud Platform(GCP)では、ビッグデータ処理サービスBigQueryや機械学習APIなど、高機能なマネージドサービスが提供されているのが特徴だが、実際の現場において、十分に活用できているケースは多くないのではないだろうか。このGCPの威力を、開発者のみならずビジネスパーソンでさえ、まるでブロックを組み合わせるようにGUIで利用しやすくしたのが、グルーヴノーツの提供する「MAGELLAN BLOCKS」だ。Global Business Hub Tokyoにおいて7...

  • 2016/08/17

    PyCon JP 2016 開催前レポート ~第1回 開催概要・キーノート

     こんにちは、PyCon JP 2016メディアチームの山口です。毎年恒例のPyCon JPですが、今年も開催が迫ってきました! 今年はみなさんからの期待が大きく、すでにチケット残数がわずかとなっています。今年のPyCon JPではどのような試みが行われるのか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この連載では、みなさんに今年のPyCon JPの内容をいち早くお知らせしたいと思います。連載第1回は、PyCon JPの開催概要や座長挨拶、キーノートについてご紹介します。

  • 2016/08/12

    「MVNOや機器メーカーになるのではなく、世界で使ってもらえるIoTインフラへ」――さくらのIoT Platform

     さくらインターネットが2016年度内をめどに正式リリースを目指す「さくらのIoT Platform」は、4月からアルファ版が提供され、現在9月(予定)のベータ版受付開始に向けた作業が進んでいる。レンタルサーバーの会社がなぜIoTなのか。7月24日に産業技術大学院大学(東京都)で開催された「July Tech Festa 2016」の基調講演は、さくらインターネット フェローの小笠原治氏による、なぜIoTなのか、どんなプロジェクトなのか、さくらのIoT Platform立ち上げの1年を振り返るセ...

  • 2016/07/20

    エンジニアはどうすればモテるのか? TECH VALLEY#8で明かされたクリエイター集団「つくる女」の本音

     7月13日にgeechsが主催するTECH VALLEY#8『ゲームエンジニアのキャリアアップの道』が開催された。ゲームエンジニアとしてキャリアを積まれてきたヤフーの蛭田健司さん(エグゼクティブプロデューサー)、ヒストリアの佐々木瞬さん(代表取締役)、geechsの斉藤晋介(リードエンジニア)の3人がいかにキャリアアップをしていくかを語ったイベントのレポートをお届けする。

  • 2016/07/06

    Javaプラットフォームはクラウド、マイクロサービスなど時代に対応し、進化する【Java Day Tokyo 2016】

     2016年5月24日、Javaに携わるすべての人のためのイベント、Java Day Tokyo 2016が開催され、「Innovate, Collaborate, with Java―創り出す力、Javaとともに」をテーマに数多くのセッションが展開された。本記事では、Javaの現状から今後の展望、クラウド、マイクロサービス、ドローンやPepperを使ったデモなど、盛りだくさんの内容で行われた基調講演の内容をレポートする。

  • 2016/06/27

    Pepper、BOT開発……最新技術はコミュニティで学ぼう! エンジニアが技術を習得するためのヒント

     機械学習やクラウド技術など、多くのエンジニアが注目している技術は、雑誌やWeb記事などで数多く特集されています。そのため、「先進技術を身につけて、スキルアップしたい」「専門分野の技術力をさらに高めたい」と考えているエンジニアはたくさんいることでしょう。しかし、業務で多忙な上、どのように新しい技術を身につければよいか、どこから手をつければ効率よく学べるかが分からないため、担当業務に直結するテーマでない限り、はじめの一歩がなかなか踏み出せないということも多いのではないでしょうか。本記事では、技術コ...

  • 2016/06/16

    RubyKaigiとDroidKaigi、2つの開発者Kaigiの運営から学ぶチームの作り方

     2006年から開催を続ける「RubyKaigi」と、2015年に初めて開催された「DroidKaigi」。この二つの開発者Kaigiはどのようなチームによって作られているのか――。東京工業大学CBECプログラムが開催する「チームづくり」「モノづくり」の両方に携わる方をゲストに迎えた講演会シリーズ「TdX(チームでXXXづくり)」、その第1回が4月22日に行われた。今回のテーマは「チームと開発者Kaigiづくり」。RubyKaigiオーガナイザーの高橋征義氏、DroidKaigi代表理事 日高正...

132件中121~132件を表示
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5