Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「JavaScript」記事一覧

278件中1~20件を表示
  • 2017/07/21

    「Wijmo(ウィジモ) 5」のMultiAutoCompleteコントロールで複数項目を素早く選択

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。2017年5月の「2017J v1」アップデートで追加されたWijmoの新機能のうち、前回はTreeViewを紹介しましたが、今回は複数項目を素早く選択できるMultiAutoCompleteコントロールの利用法を説明します。

  • 2017/06/26

    「Wijmo(ウィジモ) 5」に追加されたツリー表示部品TreeViewの利用法

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。Wijmoは2017年5月に「2017J v1」にアップデートされ、さまざまな新機能が追加されました。今回はそのうち、階層データを表示する新コントロールTreeViewの利用法を説明します。

  • 2017/06/22

    「Angular」の変数を見やすい形式に変換して表示できるPipesの活用法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回はAngularのバージョンアップ版となるAngular 4の変更点と今後の見通しを説明しました。今回は、変数の値を画面表示用に見やすく変換できるPipesについて、利用方法を説明していきます。

  • 2017/06/14

    JIRA SoftwareをCMIS準拠のコンテンツ管理ソフトウェア「Alfresco」と連係させて情報共有をさらに活性化!

     昨今、開発現場での情報共有は必須ともいえるほどに重要視されています。情報共有ツールとしてJIRAやConfluenceといったアトラシアン製品は多くの開発現場で使用されていますが、チームの仕組みに存在するからなんとなく使っている……そのような方も多いのではないでしょうか。しかしせっかくのツール、多種多様な機能をもっと活用したいと思いませんか? 本連載では使い慣れた環境と組み合わせてツールをさらに使いこなす方法を、アトラシアン製品の国内販売代理店であるリックソフトがお伝えします。前回は、JIRA...

  • 2017/06/12

    Rails 5.1でReact.js連携アプリを構築してみよう

     2017年4月27日に正式リリースされたRuby on Rails 5.1では、フロントエンド回りに大きな変更がありました。新たに採用されたYarnやwebpackなどを用いて、Rails上でReact.js連携アプリを構築する手順を紹介します。また、ReactベースのMaterial-UIを使ったサンプルも紹介します。

  • 2017/05/08

    REST APIを利用して、JIRAのサマリーを外部エディタで編集してみよう!――外部ツール連係の第一歩

     昨今、開発現場での情報共有は必須ともいえるほどに重要視されています。情報共有ツールとしてJIRAやConfluenceといったアトラシアン製品は多くの開発現場で使用されていますが、チームの仕組みに存在するからなんとなく使っている……そのような方も多いのではないでしょうか。しかしせっかくのツール、多種多様な機能をもっと活用したいと思いませんか? 本連載では使い慣れた環境と組み合わせてツールをさらに使いこなす方法を、アトラシアン製品の国内販売代理店であるリックソフトがお伝えします。初回となる今回は...

  • 2017/04/27

    JavaScriptフレームワーク「Angular」新バージョン4の変更点と今後の展望

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angularが提供するアニメーション機能について解説しました。今回は、2017年3月にリリースされたAngularバージョン4の変更点や新機能と、今後のバージョンアップの見通しを紹介します。

  • 2017/04/25

    「Angular」のアニメーション機能で動きのあるWebページを作る

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angularコンポーネントの生成/破棄などのライフサイクルと、ライフサイクルに対応して実行されるライフサイクルフックについて解説しました。今回は、Angularが提供するアニメーション機能について、サンプルと利用法を説明していきます。

  • 2017/04/12

    React×Material-UIでモダンなUIを実装する

     Reactはコンポーネントを組み合わせて開発を行うことで、保守性の高いアプリケーションを実現できるライブラリです。同時に、優れたUIを提供するライブラリでもあります。前回はReactコンポーネントの基本であるPropsとState、およびライフサイクルについて解説しました。本稿ではデザイン性をアップさせてくれるサードパーティー製のコンポーネントセット、Material-UIの使用方法について紹介します。Material-UIは、Googleのデザインガイドラインに則って開発されたコンポーネント...

  • 2017/04/10

    「Angular 2」コンポーネントのライフサイクルを知って使いこなす

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回は、Angular 2のHTTPクライアント機能について説明しました。今回は、Angular 2コンポーネントの生成/破棄などのライフサイクルと、ライフサイクルに対応して実行されるライフサイクルフックについて説明します。

  • 2017/02/28

    「Angular 2」のHTTPクライアント機能で非同期HTTP通信を使いこなす

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回はルーターの機能について解説しました。今回は、モダンなWebページの作成に欠かせない非同期HTTP通信を提供する、Angular 2のHTTPクライアント機能について説明します。

  • 2017/02/09

    Reactコンポーネントへの理解を深める

     Reactはコンポーネントを組み合わせて開発を行うことで、保守性の高いアプリケーションを実現できるライブラリです。同時に、優れたUIを提供するライブラリでもあります。本稿ではコンポーネントを使いこなすためには避けて通れない、PropsやState、およびライフサイクルについて解説します。

  • 2017/01/12

    URLとリンクでコンポーネント表示を切り替える「Angular 2」のルーター

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回は、Angular 2のコンポーネントにURLのパスを対応付けて、一般的なWebページのリンクと同じ操作でコンポーネントを切り替え表示できる、ルーターの機能について紹介します。

  • 2017/01/11

    最新フレームワーク「Angular 2」と組み合わせて「Wijmo(ウィジモ) 5」を使おう

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回は、JavaScriptフレームワーク「Angular 2」とWijmoを組み合わせて利用する方法について説明します。

  • 2017/01/04

    Reactの概要と基礎技術要素を理解する

     本連載は、Reactアプリを開発するための基礎を身につけることを目的としたものです。Reactは、コーディング方法が少し独特なため、最初のハードルが高めに感じる方も多いかと思います。しかし、一度その方法を身につければ高い開発生産性を発揮します。本連載では、はじめてReactに触れる方でも無理なく開発スキルを身につけられるよう1つずつステップを踏んで解説していきます。連載では、Reactの概念・文法・作法などといった基礎的な事項を学んだ後、Fluxアーキテクチャを採用した本格的なアプリ開発の手法...

  • 2016/12/08

    実践! SpreadJSとASP.NET MVCで帳票Webアプリを作成してみよう

     ExcelライクなJavaScriptライブラリ「SpreadJS」と「ASP.NET MVC」の組み合わせで、"請求書"を管理する帳票Webアプリを作成します。データの保存・読み込みや、Excelファイルの入出力、印刷機能を実装します。

  • 2016/11/21

    ロジックを画面から分離できる「Angular 2」のサービスと依存性注入

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回は前回記事で説明しきれなかったモジュール定義方法を説明した後、独立した処理の実装をコンポーネントに後から追加できるAngular 2の「サービス」と「依存性注入(Dependency Injection)」機能について、利用法を紹介します。

  • 2016/10/21

    「Angular 2」の構成単位「コンポーネント」「モジュール」を使いこなそう

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回はAngular 2を構成する単位であるコンポーネントやモジュールの利用法について、実際にサンプルコードにコンポーネントやモジュールを追加しながら説明します。

  • 2016/10/03

    ExcelライクなWebアプリを実現するJavaScriptライブラリ「SpreadJS」のはじめ方と主な機能

     WebアプリケーションでExcelライクなUIを実現できる「SpreadJS 9J」のはじめ方と基本的な使い方を紹介します。SpreadJSはJavaScriptのライブラリです。本稿では、サーバーサイドの要素は登場せず、フロントサイドのみ登場します。

  • 2016/09/05

    ブラウザだけでExcelやPDFを操作できる「Wijmo(ウィジモ) 5」機能

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はWijmo 5でExcelやPDFファイルを操作できるさまざまな機能について説明します。

278件中1~20件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5