Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

記事一覧

106~120件(全5240件)
  • 2019/02/22

    10年以上稼働し続ける大規模Webアプリケーション、どうやって改善する?

     リクルートには有名なアプリケーションや、これから作られる新規アプリケーションが大小合わせて数百存在し、中にはタウンワークのように10年以上運用されてるアプリケーションもあります。リクルートテクノロジーズではこれらのサービスのパフォーマンスやメンテナンス性の向上に取り組んでいます。本連載では、タウンワークで行った「パフォーマンス改善の取り組み」と「Webのフロントエンドにおけるモダナイズの取り組み」を2回に分けて紹介し、最後に未来の話として「これから利用するフロントエンドの技術」について解説しま...

  • 2019/02/21

    企業がOSSを活用する上での心構えと、意識したい「目的達成における技術面のプロである」という考え方

     企業がビジネスに関わるシステム構築にOSS(オープンソースソフトウェア)を活用するのは、もはや珍しいことではなくなりました。その一方で、OSSで利用できる最先端の技術を迅速にビジネスへと結びつけたり、何らかの形でOSSコミュニティに利益や成果を還元したりといった取り組みが行えている企業というのは、まだそれほど多くないのではないでしょうか。今回、企業としてのOSS活用や、コミュニティへの貢献といった観点でのヤフーでの取り組みを、 テクノロジーグループでグループCTOを務める服部典弘氏に伺いました...

  • 2019/02/21

    すべてはユーザーのために――ファンクラブの「インターネット化」を目指すTHECOOの世界観

     従来のIT業界の常識を覆すようなサービスが、次々と生まれている現在。個性的なスタートアップが生まれ、急激に成長し、社会に大きなインパクトを与えるようになるのを私たちは目の当たりにしてきた。このようなスタートアップ企業では、どのような世界観でエンジニアが働いているのか――。従来一方通行だったファンクラブを新しい形に変えるアプリ「fanicon」を開発するTHECOOでは、Googleやヤフーなど大手IT企業出身のメンバーが集まっている。スタートアップならではの開発スタイルや働き方について、開発部...

  • 2019/02/20

    「こんなにエンジニアが価値を出せる時代はない」――どのような未来に賭けるか【Developers Boost】

     2018年12月15日、翔泳社主催の若手エンジニア向けカンファレンス「Developers Boost(デブスト)~U30エンジニアの登竜門~」が開催された。登壇したのは、企業の中核を担う30歳以下(U30)の若手エンジニアだ。基調講演に登壇した、BEDOREの安野貴博氏は「U30エンジニアとしての技術的投資戦略」と題して、自らの経験とU30がとるべき戦略について提案した。

  • 2019/02/19

    「UIとUX」 ~マンガでプログラミング用語解説

     この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、「ユーザーインターフェース(UI)」と「ユーザーエクスペリエンス(UX)」です。

  • 2019/02/18

    PHPフレームワーク「Laravel」における処理の流れと、ルーティングを理解しよう

     本連載ではPHPフレームワークのひとつであるLaravelを紹介していきます。Laravelは、「Web職人のためのフレームワーク」というキャッチコピーのもと、ここ数年で人気がうなぎ上りのフレームワークです。連載を通して、その人気の秘密を味わっていただこうと思います。1回目である前回は、Laravelとは何かを紹介するとともに、Laravelを使ってブラウザに「Hello World!」と表示させるところまで解説しました。とはいえ、何がどうなって「Hello World!」と表示されたのかまで...

  • 2019/02/15

    オープンソースだけで生きていくエンジニアが活躍する世界に――BoostIO 横溝氏ら若き創業者が語る、それぞれが目指す世界【Developers Boost】

     2018年12月15日、翔泳社主催の若手エンジニア向けカンファレンス「Developers Boost(デブスト)~U30エンジニアの登竜門~」が開催された。登壇したのは、企業の中核を担う30歳以下(U30)の若手エンジニアだ。基調講演には、開発者向けのノートアプリ「Boostnote」やオープンソースプロジェクト向けの報奨金サービス「IssueHunt」を手掛けるBoostIO 横溝一将氏が登壇。「2019年を日本のオープンソース元年にしたい」と目標を掲げる横溝氏が、その取り組みと決意を語っ...

  • 2019/02/14

    デザインとエンジニアリングの融合がもたらす効果とは?【Cookpad Product Kitchen #1 with Takram】

     2018年12月6日、クックパッド株式会社にて、サービス開発の手法や考え方について知見や学びを共有する勉強会「Cookpad Product Kitchen」が開催された。記念すべき第1回は、Takramのリードデザインエンジニア 神原啓介氏と、クックパッドの新規サービス開発部 UXエンジニア 出口貴也氏が登壇。デザインとエンジニアリングの融合がもたらす効果について語った。

  • 2019/02/13

    JavaScriptの変数宣言はletにすべきか 『入門JavaScriptプログラミング』から解説

     JavaScriptの変数宣言で馴染み深いvarは、letとconstが追加されたことで使われなくなっていくだろう、と『入門JavaScriptプログラミング』の著者J.D.Isaacksは書いています。再代入が必要ないときはconst、再代入が必要なときはletを使うほうがいいのだと。今回、本書からletについて詳しく紹介します。本書ではconstについても解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

  • 2019/02/12

    SPAの保守開発を効率化――画面遷移理解を支援する

     社会人エンジニア向けの教育プログラム「トップエスイー」から、エンジニアの皆さんに対して有用な情報をお届けするコーナーです。Webブラウザ上で稼働するアプリケーションでは、一度のダウンロードで複数のページ要素を持つ構成をとることができ、こうした実装手法は「SPA(シングルページアプリケーション)」と呼ばれます。ページ遷移が素早く行え、ユーザーにダウンロード待ちをさせることなく利用できることから、UXの改善にも効力があります。しかしながら、実際のページ遷移はコード内に潜み、どんなページ遷移をするか...

  • 2019/02/12

    「Jira Software再入門」~プロジェクト管理者がまず行っておきたい設定

     本連載では4回にわたって、課題管理ツールの「Jira(ジラ)」について基本的な使い方から最新情報までを、Atlassianユーザーグループ東京のリーダーである梶原と高橋が紹介していきます。前回はJiraの製品体系と最新のJira Software Cloudについて紹介しました。2回目の今回は「Jira Software再入門」と題して、Jira Softwareのプロジェクト管理者がプロジェクト開始前にやっておくべきことについて説明します。

  • 2019/02/08

    フレームワークとツールの両面で完成度アップ! 「Angular」バージョン7の新機能

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の活用方法を、サンプルとともに紹介しています。前回はAngularのPWA(Progressive Web Apps)機能でWebプッシュ通知を実装する方法を紹介しました。今回は2018年10月にリリースされたAngularのバージョン7を取り上げ、新機能を紹介していきます。

  • 2019/02/06

    データ科学で求める物質の分子式を生成、マテリアルズ・インフォマティクスとは【PyData.tokyo】

     新素材の開発や創薬といった材料科学の分野にも、データ科学(機械学習や深層学習)のアプローチが採り入れられるようになってきている。化学式と物性の関係を学習し、望みの性質を持つ材料の候補を導き出す。まだデータ処理手法には課題が多いものの、急速に課題解決が進み、実用化へと向かっている。

  • 2019/02/05

    Railsアプリケーションにファイルを簡単にアップロードするgem「Shrine」と「ActiveStorage」

     前回は、ファイルアップローダーの代表的なgemであるCarrierWave/Refileの基本的な使い方を紹介しました。今回は、ShrineとRails 5.2から導入されたActiveStorageについても紹介します。

  • 2019/02/04

    Djangoでの環境変数と、Angularを用いたフロントエンドの実装

     日本語の書籍も増えてきて、裾野が広がっているDjango。この連載では最新のDjangoとDjango REST frameworkを用いたプロダクト開発の手法を、実務に使える形でお伝えしていきます。今回は環境変数についてと、Angularを用いたフロントエンドの実装を紹介します。

106~120件(全5240件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5