Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

106~120件(全4653件)
  • 2017/06/01

    マルチカラムも解説、Web用パーツをカスタマイズしたいときに役立つCSSスタイリング入門書

     CodeZineの連載「CSSで作るWeb用パーツ」が本になりました。『デザインサンプルで学ぶCSSによる実践スタイリング入門』は、Webデザイナーやフロントエンドエンジニアでなくても「見出しやフォームをカスタマイズしたい」という方、特にHTMLとCSSは少し分かるけれど自分でコーディングできない方におすすめです。

  • 2017/05/31

    HerokuとDevOpsのおいしい関係~DevOpsを実現するためのHerokuの機能紹介

     クラウドの普及やトレンドの絶え間ない変化によって、昨今のソフトウェア開発では柔軟性・信頼性・スピードなど非常に多くの厳しい要件が求められています。本連載では、セールスフォース・ドットコムの提供するPaaSであるHerokuを題材に、どのようにすると効率的にソフトウェア開発および運用が実現できるかについてご紹介します。

  • 2017/05/31

    開発者の生産性向上、業務効率化に貢献する「Visual Studio 2017」――リリースイベントより

     3月17日、「Visual Studio 2017」のリリースイベントがマイクロソフト品川本社で開催された。キーノートには米マイクロソフト SR プロダクトマネジャーのMichael Köster氏が登壇した。「Visual Studio 2017」はどのようなビジョンで開発されたのか。また、今後どのような方向に進んでいくのか。本記事ではセッションの概要を紹介する。

  • 2017/05/31

    周囲の音をメッセージで教えてくれるLINE BOT「おとみどりちゃん」を作った名工大生にインタビュー

     2016年12月から翌年3月にかけて開催されたLINE BOT AWARDS。さまざまなLINE BOTが応募された中で、聴覚障害者やお年寄りなど聴覚に難を持つ人のために音やモノの動きを通知するLINE BOT「おとみどりちゃん(Sound Messenger)」を制作したのが名古屋工業大学・工学部情報工学科の佐竹寛弥さん、杢谷拓哉さん、松岡和樹さん、橋口拓也さんによるTeamSMです。受賞には至らなかったものの、このユニークなコンセプトのLINE BOTについてお話をうかがいました。

  • 2017/05/30

    SPREAD for WPFでMVVMパターンのアプリケーションを作成する

     WPFの最大の特長といえば、UIとコマンドロジックを分離できるMVVM(Model-View-ViewModel)パターンでのアプリケーション開発が可能であることです。MVVMは、WPFだけではなくモバイルアプリやUWPでも適用でき、MVVMの発表から10年以上経つ現在も注目されています。SPREAD for WPFでももちろんMVVMの利用をサポートしています。本記事では、SPREAD for WPFを用いて、MVVMパターンを使用したアプリケーションを作成する方法を紹介します。

  • 2017/05/30

    「MIMEタイプ」 ~マンガでプログラミング用語解説

     この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、データの種類の表現に使われる「MIME(マイム)タイプ」です。

  • 2017/05/29

    OSSフレームワーク「dataforms.jar」でサンプルプログラムを構築する(3)

     本記事ではMVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」を使い、掲示板のサンプルアプリケーションを構築します。前回は検索条件の調整を行い、添付ファイルテーブルの操作機能を追加しました。今回は記事管理ページを完成に持っていきます。

  • 2017/05/26

    サーバーサイドでExcelファイルを読み書きするWebアプリケーションを作る

     本記事で紹介するExcelコンポーネントは、サーバーサイドでExcelファイルを読み書きできる.NET Frameworkのライブラリです。これを利用してExcelファイルの作成・読み取りを行うASP.NETなWebアプリケーションを作成します。このアプリケーションは、クラウド上、例えばMicrosoftのPaaSや、サーバーレスアーキテクチャのサービスであるMicrosoft Azure Functionでも動作します。

  • 2017/05/25

    Gunosyの松本勇気氏が明かす「Under30エンジニアの生存戦略」とは

     3月11日、「Under30 エンジニアによる Under30 エンジニアのための技術カンファレンス」として、サイバーエージェント主催の「Battle Conference U30」が開催された。基調講演には株式会社Gunosyの執行役員である松本勇気氏が登壇し、「自分の目的に合致した努力と成果、評価をどう考えるかが重要になる」という松本氏の考えと、それを踏まえて実際に築いてきたキャリアが語られた。

  • 2017/05/24

    SQLで基本のデータ解析に挑戦する

     本連載ではビジネスデータ解析でデータベースから情報を取得して活用する必要がある方を対象に、「クロス集計」「デシル分析」「バスケット分析」「時系列分析」といったビジネスデータ解析でよく使われる実践的なSQL例を示し、解説します。今回は、その中からクロス集計とデシル分析を取り上げます。

  • 2017/05/23

    システムの網羅的なテストができるモデル検査 実課題を扱ったモデル検査のコンテスト「MoCCon」を振り返る

     社会人エンジニア向けの教育プログラム「トップエスイー」での講義や制作結果などからエンジニアの皆さんに対して有用な情報をお届けするコーナーです。今回は、形式手法の1つであるモデル検査について説明します。モデル検査はモデルチェッキングとも呼ばれ、形式手法の中でもツールによる自動化が比較的進んでおり、数学や論理学に詳しくない人でもモデル作成や検査の処理に取り組みやすく、理解しやすい技術です。トップエスイーでは、その有用性に着目してモデル検査に関する講義や演習を充実させるなど、教育に力を入れています。...

  • 2017/05/22

    OSSフレームワーク「dataforms.jar」でサンプルプログラムを構築する(2)

     本記事ではMVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」を使い、掲示板のサンプルアプリケーションを構築します。前回は、テーブルとフィールドクラスの作成、ページとフォームクラスの作成、ページクラスからのHTML作成を行いました。今回は検索条件の調整、添付ファイルテーブルの操作機能を追加します。

  • 2017/05/19

    ストレスなく開発できるLINE BOTはビジネスの常識に 『LINE BOTを作ろう!』立花さんに訊く

     CodeZineで人気を集めた連載「日本一わかりやすいLINE Bot開発講座」をまとめて加筆した『LINE BOTを作ろう!』が5月11日に刊行となりました。早くからLINE BOTに注目していた著者の立花翔さん(GMOインターネット)は、今後必ずこの技術が必要になると断言。特にアプリ開発者にとってはストレスフリーで開発できることが魅力だといいます。

  • 2017/05/18

    iPhoneからBLEで簡単制御! konashi 2.0とJavaScriptで始める電子工作

     本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回はハードウェアの設定なしにJavaScriptで制御できる「konashi 2.0」を紹介します。

  • 2017/05/17

    サーバレスの実践的なノウハウを1日で ~ AWS Dev Dayの「Serverless Evolution Day」の見どころ

     アマゾン ウェブ サービス ジャパンでスペシャリストSAをしている西谷です。前回に引き続き、AWS Dev Day Tokyo 2017を紹介しますが、今回はAWS Dev Day Tokyo 2017の中でも最終日の6月2日(金)に行われるServerless Evolution Dayについてご紹介します。AWS Dev Day Tokyo 2017は2017年5月30日(火)から6月2日(金)まで品川で開催されるAWS Summit Tokyo 2017の併設イベントとして開催される開発...

106~120件(全4653件)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5