CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

記事一覧

211~225件(全5601件)
  • 2020/01/06

    .NET Core 3で始めるWPFアプリ開発――.NET Coreって? WPFって?

     .NET Coreって何でしょう? WPFってなんでしょう? 先へ進む前に今回は、.NET CoreとWPFについておさらいしておきましょう。

  • 2019/12/31

    「bps」 ~マンガでプログラミング用語解説

     この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、データ転送速度の単位「bps(ビーピーエス)」です。

  • 2019/12/27

    プロダクトオーナーシップは何をもたらすか? ドリーム・アーツ新機能開発の舞台裏【Developers Boost 2019】

     プロダクトオーナーシップとは、プロダクトの価値を定義し、育てていく力のこと。「どう作るか」よりも「何を作るか」が価値を持つ昨今において、「ユーザーのことを考えて、本当に役に立つプロダクト」を創造する力がエンジニアには求められている。株式会社ドリーム・アーツの小林千恵氏は、同社のポータル・グループウェアである「INSUITE」の新機能開発において、プロダクトオーナーシップの重要性に気づいたという。本セッションでは小林氏が自身の経験を踏まえ、ユーザーに寄り添うプロダクトを生み出す方法論を説く。

  • 2019/12/27

    プログラミング教育とITエンジニアの関係は? さくらインターネットの学校支援プロジェクトから考える

     海外ではHour of Codeの取り組みなど、エンジニアが積極的に子どもたちにコンピュータやプログラミングを教える文化があります。しかし日本では、プログラミング教育自体の全容をつかめている人が少なく、「エンジニア」と「プログラミング教育」の距離はまだまだ縮まらないままです。そんな中、IT企業としてかなり早い段階から石狩市の小学校でプログラミング教育「支援」の活動を始めていたのが、レンタルサーバーなどで知られるさくらインターネット。本連載では、その「さくらの学校支援プロジェクト」の担当者、前佛...

  • 2019/12/27

    【C97】ニッチでエッジな技術本をゲットしよう! ~IT技術系同人誌の新刊ガイド(2019年冬版)

     日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット」(通称コミケ)には、IT技術系の同人誌も頒布されます。本記事では、2019年冬のコミケ(コミケ97)に出展するIT技術系サークルのうち、CodeZineに情報をお寄せいただいたサークルの新刊情報をご紹介します。

  • 2019/12/26

    レガシーな業界だからこそテクノロジーで大きく変えられる――医療×Techの未来を作るメドレーのエンジニアに聞く

     医療の世界はまだまだIT化が浸透していない。そのようなレガシーな業界が抱えている課題を、試行錯誤しながらテクノロジーやエンジニアリングで解決に取り組んでいるエンジニアがいる。なぜ、そのような業界に飛び込むことになったのか。そこでどういうキャリアが築けるのか。医療業界をはじめとした社会課題の解決に取り組んでいる3人のエンジニアに、医療業界で働くことの面白さや醍醐味、キャリアの考え方などについて話を聞いた。

  • 2019/12/26

    Laravelにおけるサービスコンテナを理解しよう

     本連載ではPHPフレームワークのひとつであるLaravelを紹介していきます。Laravelは、「Web職人のためのフレームワーク」というキャッチコピーのもと、ここ数年で人気がうなぎ上りのフレームワークです。連載を通して、その人気の秘密を味わっていただこうと思います。第5回である前回は、リクエスト処理の前後に処理を挿入できるミドルウェアを紹介しました。今回は、Laravelのサービスコンテナとサービスプロバイダを紹介します。

  • 2019/12/25

    ゆめみの未経験エンジニアが半年で急成長できた理由とは? 飛躍のカギはアホになること!?【Developers Boost 2019】

     株式会社ゆめみの遠藤大輔氏は、個性的なキャリアの持ち主だ。エンジニア未経験の状態から「ゲームプレイ採用」と呼ばれる採用手法によって同社に入社。その後、初案件で大規模サービスの開発に携わった。わずか半年ほどの間で、遠藤氏は大きな成長を遂げたという。飛躍を支えたのは、遠藤氏のどのようなマインドセットだったのか。その歩みをひもといていく。

  • 2019/12/24

    データサイエンスとは何か? 『事例で学ぶ!あたらしいデータサイエンスの教科書』から第1章を公開

     様々な領域のデータを収集できるようになった今、データサイエンスに基づく意思決定や社会課題の解決に期待が寄せられています。その手法を学ぶにあたっては、そもそもデータサイエンスがどういうものなのかを知っておかなければなりません。横浜市立大学データサイエンス学部の初代学部長である岩崎学さんが解説する『事例で学ぶ!あたらしいデータサイエンスの教科書』(翔泳社)から、「第1章 データサイエンスとは」を抜粋して紹介します。

  • 2019/12/23

    .NET Core 3で始めるWPFアプリ開発――Hello, WPF!

     .NET CoreでWPFアプリの開発ができるようになりました。これからWPFを始めようという人も、.NET FrameworkでWPFをやっていた人も、この機会に新しいWPFアプリ開発を学んでみませんか? WPFが登場した当時と比べて、.NETもC#もずいぶんと変わっています。今回は、とりあえず"Hello, world!"を作って、それから少しいじってみましょう。

  • 2019/12/20

    KUSANAGI✕富士通クラウドでWebシステムを高速化できるワケ――高速化エンジン・AIが新登場

     WebメディアやECサイトなどでは、事業のスケールとともにサイトのビュー数の増加に伴う表示スピードの低下や、サーバダウンの問題が発生するリスクが高まることも多い。昨今はそれだけでなく、基幹システムのフロントエンドやBtoB事業の顧客向けのサイトにも、UXの向上が求められつつある。こういった課題に対して、エンジニアは多くのリソースを割き、チューニングするが、なかなか改善しないことも多い。だが、そんな課題を解決するソリューションがある。それがプライム・ストラテジーの提供する超高速CMS実行環境「K...

  • 2019/12/20

    ディープラーニングを用いた時系列データの予測モデルの作り方

     本稿では、NTTテクノクロスでAIエンジニアとして活躍する筆者が、実際にどのようなことを行っていて、どのような苦労があるのかを、実際に動かして試せる「時系列データの予測モデル作成」の題材を通して、4回にわたってお伝えします。第1回では、プロトタイプで想定するサービスが作れるかを検証するPoC(概念実証)の辺りをお伝えします。(編集部)

  • 2019/12/19

    ヤフーのスクラムマスターが語る、失敗から導き出したチーム改善の知恵【Developers Boost 2019】

     スクラムマスターとは、スクラムの理解と実践をチームの全員に促し、プロジェクトを円滑に進めていくメンバーのこと。スクラムを成功に導くために、必要不可欠なポジションだ。ヤフー株式会社の西山慧氏は、入社2年目からスクラムマスターとしてチーム改善に取り組んできた。本セッションでは西山氏が、スクラムにおける3つの失敗談と、その改善を通じて得たノウハウを解説した。

  • 2019/12/17

    React Nativeでアプリの見た目を整えよう~スタイルでコンポーネントを装飾する

     React Nativeにおけるスタイルの使い方として、コンポーネントを装飾する方法を解説します。React Nativeで使用できるスタイルは、CSSをベースにしているので、CSSに関する知識があれば比較的容易に習得することができます。ただ、WebブラウザのReactにおけるスタイルよりも書き方の選択肢が狭まっている部分もあるので、React Nativeらしい書き方を学んでいきましょう。

  • 2019/12/16

    SQLiteデータベースがWebアプリでも使える! ~Uno Platformクロスプラットフォーム開発の可能性を探る

     前回、UWPアプリのコードをAndroid/iOS/Webブラウザでも動かすというクロスプラットフォーム開発環境Uno Platformを紹介しました。今回は、Uno Platformで作った、SQLiteデータベースを使うサンプルアプリを紹介します。なんと、Webブラウザの中にもデータベースを置けるのです。Uno Platformによるクロスプラットフォーム開発の可能性を実感してください。

211~225件(全5601件)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5